NEWS

AED講習 AED使用法など指導 事業所従業員に講習―熱海市消防本部

熱海市消防本部は4日、市防火協会の会員事業所従業員を対象とした普通救命講習を市役所で開いた。約30人が参加し、救急救命法の指導を受けた。市消防署救急隊員が講師を務めた。胸骨圧迫のやり方と自動体外式除細動器(AED)の使い方を説明し、人形を使い実技を指導した。

引用元:伊豆新聞

一人よりも二人、二人よりも三人、救命活動は人数が多いに越したことはありません。胸骨圧迫を一人でやり続けるのはとても大変ですし、救急隊を連れてくる人も必要です。もし万が一そのような場面に遭遇したら勇気をもって救命活動に参加してほしいです。

 

ライフトレーナーFacebookページへ

 

こちらもチェック! AEDコンサルトはこちらでHands for Life