NEWS

AED講習 赤十字フェス 血圧、握力測定にAEDの体験も 高松 /香川

こんばんは。
赤十字社 香川県支部によるフェスタが先日行われたようです。
赤十字社はほとんどの方がボランティアで活動をしていると聞いたことがあります。
素晴らしいですよね!みんなでみんなを助けられる世の中にしていきたいですよね!

 

世界赤十字デー(8日)や日本赤十字社創立記念日(1日)に合わせ、高松市の高松丸亀町壱番街前ドーム広場で30日、
「赤十字フェスタ2017」が開かれた。血圧、握力の測定会、AED(自動体外式除細動器)や子供用の救護服試着体験などがあり、
家族連れなどでにぎわった。
毎年、赤十字社が各地で、この時期に開いているイベント。香川県支部も、赤十字の理解を広めるため、フェスタを開催。
奉仕団など計約150人のボランティアが参加した。
フェスタでは、さまざまな体験ブースを設置。リラクゼーション体験コーナーでは、奉仕団のメンバーが訪れた人たちに、
肩や背中のマッサージを施した。尽誠学園衛生看護科の生徒5人は、血圧や握力測定のボランティアとして参加。
3年の河内彩さんは「授業で学んだことを生かして喜んでもらえるのはうれしい」と笑顔で話した。
帰省して訪れた岡山県高梁市の大学4年、西山彩さん(22)はAED体験に参加。
「教えてもらったことを肝心な時に忘れないようにしたい」と話していた。【山口桂子】
引用元:毎日新聞

ライフトレーナーFacebookページへ

円舘