NEWS

AED使用 AED講習会 いざという時、行動するには

本日はニュースからではなく、知り合いの方から聞いたことをお話しします。

 

先日、東京都内のビルで仕事をしていた方が突然倒れ、死亡してしまったという事故があったそうです。
原因は心停止によるもので、倒れてから10分程で救急車に運ばれましたが助かりませんでした。
倒れた直後は死戦期呼吸をしていたためAEDをすぐに使用していれば助かった可能性が高いです。
死戦期呼吸とは心停止直後の傷病者に見られるしゃくりあげるような呼吸のことです。
近くにAEDは設置されていましたが、すぐにAEDを使用することができず、命を救うことができませんでした。
話によると、こちらのビルは複数のAEDを設置することや講習会に参加することなど「安全」に対して配慮をしてこなかったわけではなかったようです。

 

今回も、実際に倒れてしまった方を目の前にすると皆パニックに陥ってしまいAEDの存在自体を忘れてしまったケースのように思います。
いざという時に素早く的確に行動するために、「定期的」「集中」して講習会に参加するようにしましょう!!

ライフトレーナーFacebookページへ

円舘