NEWS

AED使用 AED必要性 交通事故現場で女性にAEDを使用した男性を「痴漢」として通報 ネットでは戸惑いの声

こんにちは。
本日は最近話題となっている、AEDの使用についての記事です。
この記事にもあるように、心停止患者に対しての措置は一分一秒を争います。
緊急を要する救命措置については救助者はしっかりと法律で守られていますので、
倒れている人を発見したら一人一人が主体的に、勇気をもって救命の行動を起こしてほしいと思います。
また、少し記事内容から逸れますが、もし今ここで人が倒れたらどういう風に救命措置をとるだろうかと、
たまにでいいのでイメージをしてほしいなと思います。
イメージしてほしいといってもなかなか難しいことだは思いますが、
日頃からイメージしているのとしていないのとでは初動の早さが違うはずです。
救命措置は一分一秒を争います。
人が人を助けることに躊躇いのない世の中に今後していきたいですね。

 

「一分一秒を争う」と言われる命の現場。

救急車が到着するまでの間、傷病者の容体によっては「救命措置」が求められるのだが、「女性の傷病者に男性が措置を行う」場合について、あるツイッターユーザーの投稿が波紋を広げている。

■女性にAEDを使用した男性が「痴漢扱い」数年前に書き込まれた「交通事故現場に遭遇した際の出来事」が記された投稿を、あるツイッターユーザーがツイッターに投稿。その衝撃的な内容にネットが揺れている。

たまたま交通事故の現場に遭遇した男性。運転手の男性は軽傷だったものの、助手席の女性が危険な状態であったため、人工呼吸と心肺蘇生法を行った後、救急と警察への通報とAEDの調達の指示を周囲に出した。

間もなくしてAEDが届けられ、付属のハサミで衣服を切ろうとすると、運転手が「なんで服切るんですか! やめろ! 痴漢だ!」などと騒ぎ、男性の腕にしがみついた。

■男性は適切に対応したが…男性は、「一刻を争う事態だ」と説明したが聞き入れられなかったため、無理やり腕を解き、女性の衣服を切りAEDを装着。間もなくして救急・警察が到着し女性は病院へ搬送された。

男性が事故について警察から事情聴取を受けていると、別の警察が到着。なんでも、運転手が男性を「痴漢」だと通報したというのだ。

その場ですぐに男性の容疑は晴らされ、素早い措置のおかげで女性も一命を取り留めたものの「後味が悪かった」と投稿を締めくくっている。

■「とんだ災難」に戸惑うネット民救命措置を行おうとした人を……
引用元:@niftyニュース

 

円舘