NEWS

AEDランナー AEDインストラクター <仙台ハーフ>初導入 救護ランナー奔走

こんにちは。
昨日、仙台国際ハーフマラソン大会が行われ、AEDを身に着けたインストラクターが並走し、ランナー達のいざという時のために備えました。
医師や看護師で288名のボランティア参加があったそうで、安全への意識がどんどん高まっているんだなと感じます。
スポーツ大会は毎週、全国各地で行われています。
今後は各大会で仙台ハーフマラソンのようにAEDインストラクターが活躍していくんだと思います。

 

 仙台市で14日開かれた第27回仙台国際ハーフマラソン大会(仙台市、河北新報社など主催)で、
コースを走りながら体調不良者に気を配る「救護ランナー」が初めて導入された。
雨天もあって心配された熱中症患者はなく、救護関係者や市は「無事に終わって良かった」と胸をなで下ろした。
救護ランナーは、医師や看護師ら計288人がボランティアとして登録した。
内訳は、普通にレースに出て近くに体調不良者がいれば救護に当たる救護サポートランナーが263人、
重さ約3キロの自動体外式除細動器(AED)を背負うなどして担当エリアや全コースを走るスタッフの救護ボランティアランナーが25人だった。
ボランティアランナーとして参加した神奈川県藤沢市の看護師足立有紀枝さん(32)は、中盤からゴールまでの8キロを担当。
「少しでも助けになればと思って参加した。脚がつった人はいたが、大事に至らなくて良かった」と語った。
前回大会で男性の参加者が心停止となり、たまたま居合わせたランナーの医師佐々木高信さん(54)=東京都=らがAEDを使って蘇生に成功した。
佐々木さんは今回、サポートランナーとして参加。「周囲をきょろきょろ見ながら走った。
具合の悪そうな人がいなくて安心した」と振り返った。
5月はマラソン大会の時期としては気温が高く、大会実行委は一層の救護態勢が必要と判断。東京マラソンを参考に救護ランナーの導入を決めた。
簡単な医薬品や器具を置く救護ポイントは昨年より8カ所多い21カ所。救護スタッフ用の自転車も昨年の32台を上回る約70台を用意した。
今大会は命に関わるようなトラブルがなかった。
救急隊員の経験もある仙台市消防局の佐藤弘毅さん(41)はボランティアランナーとして参加し、
「ランナー目線だと息遣いの乱れや体調不良をいち早く察知できる」と指摘。「AEDを使うようなケースを未然に防ぐことが大事。救護ランナーは良い取り組みだ」と述べた。
引用元:河北新報

 

 

こちらもチェック!
AEDコンサルトはこちらで